新着情報

2022.07.08

『まさか6年ぶりにテニスが出来るなんて!』【画像・動画あり】

利用者紹介

こんにちは!

リハスタジオ アメイズの樋口です!

 

今回はアメイズのご利用者様でテニスが出来るようになった方のご紹介です!

※掲載にあたり同意を頂いています。

 

ご利用者様は

脳梗塞後遺症

70代 男性

右片麻痺(6年前に発症)

左膝人工関節手術後の方で、

 

『腰の痛みをどうにかして欲しい』

 

『もっと歩けるようになりたい』

 

というご希望でアメイズ利用開始となりました。

 

自身の歩き方のクセから、腰への負担がかかり痛みに繋がっていました。

ストレッチや筋トレを行うことにより、腰痛は改善していきました。

また、歩き方の指導も行うことにより、徐々に歩き方も改善が見られました。

10mを歩行する際の所要時間にも変化が見られています!

通常歩行 15秒(4月26日)⇒13秒(6月9日)

早歩き 11秒(4月26日)⇒9.8秒(6月9日)

 

 

そんな中、会話をしていると

『発症前はもともとテニスが趣味だった』

 

『妻とテニスをしていた』

 

『発症してからはもう諦めたよ』

という話を聞きました。

 

麻痺側の右手の動きも良くなっていたため、

練習の一環としてテニスをしてみることを提案しました!

 

以前、ご自身が使用していたラケットを持参してもらい、

テニスコートではないですが、アメイズの施設内でラケットとボールを使った練習や、

実際にボールを打つ練習を行ってみました!

 

最初は麻痺側の腕が伸び切らず、空振りをすることもありました。

ですが、回数を重ねていくうちにフォームも様になり、返球が安定しました!

 

 

 

見学されていた奥様も

『まさか6年ぶりにラケットを持ってテニスができるとは!』

『今度テニスコートで簡単なラリーくらい出来るんじゃない?』

と話されていました。

 

テニスをしている本人は

『疲れた』

と話されますが、

そこには『笑顔』がありました。

 

そういった練習を取り入れたことにより、

肩の可動域も大きく改善が見られました。

 

何気ない会話の中から

『諦めていたこと』

にチャレンジすることで

リハビリに対してのモチベーションアップ、

さらなるステップアップが望めると思います。

 

脳卒中の後遺症やパーキンソン病によって

あなたも諦めていることはありませんか?

お一人では難しいことも、アメイズスタッフとなら一緒に出来ます!

 

まずは体験からでもお越しください!

必ず『変化』を起こします!!

 

お待ちしております(^^)/

 

リハスタジオ アメイズ 樋口

 

お問い合わせはこちら

 

☎でも受け付けています↓↓

045-532-8606

(はまリハ訪問看護リハビリステーション青葉内)

ページTOP